英語学習体験記と本の感想

英語の語彙力の増やし方とおすすめ本-英検1級単語も短期集中で覚える

 
教授
 

lovely

こんにちは!Lovely です。
TOEIC 900点超えの英語マニアです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • 時間をかけて何度も同じ英単語に出会うことで、頭の中に意味が定着していくと言われます。でも正直に言えば、早く語彙を増やしたい気持ちは英語学習者みんなが感じるのではないでしょうか。
  • 英会話なら基本単語だけ知っていれば良いという人もいますが、英語学習ではどんどん単語を覚えることはやはり極めて大事なことです。
  • この記事では私が語彙を爆発的に増やした実証済みの方法について解説します。

英検1級レベルの単語のボキャビル(語彙力増強)に挑戦

私はTOEICに取り組む前の時代に、語彙増強(ボキャビル)に挑戦したことがあります。

使用したのは英検(実用英語検定)用の市販の単語集でした

ボキャビルをスタートする前の私の実力は準1級に必要な単語は半分ぐらいわかり、1級の単語はかなりの量がわからないくらいのレベルでした。

特に英検1級の単語集はボリュームが半端ないです。英検1級に求められる語彙の量は非常に多いです。

英検1級レベルにはたとえばどんな単語が使われるでしょうか?以下のようなものがあります。

enzyme (酵素)
mortgage (住宅ローン)
guzzle (がつがつ食べる)
euphoric (幸福感にあふれた)
upend (逆さまにする)

単語は長い文章や会話の文脈の中で覚えるものという考え方ももちろん賛成で、ふだんはそうしているのですが、時には短期集中的に単語集を使って覚えるのも私の好きなやり方です。大学受験の時も赤尾の豆単というコンパクトな単語集でこの方法を使って成功しました。(単に単語帳を覚えるというやり方とは違う、本質的な語彙増強について知りたい人は、英語独習法に詳述されていますのでご覧ください)

文章の中で単語を覚えるにはこんな本もあります。

文章の中で単語を覚えることに関して、この記事も参考になります。

私が行った短期集中的な単語の覚え方とおすすめ本

単語帳にひたすらアンダーラインを引く方法

具体的なやり方は、まず有名な単語集である「でる順パス単」や「キクタン」などの英検準1級と1級用の単語集を数冊購入しました。

見開きで片方のページに英単語が載っていて、もう片方のページに日本語が載っています。1ページずつ見ていって、英単語を見て意味がわかるものには赤でアンダーラインを引きます(別にアンダーラインでなくても、チェックマークでも何でもいいです)。それを最後のページまでやります。

そしてしばらく間を置いてから、今度はアンダーラインを引いていない英単語だけ見ていって、もし意味がわかるものがあれば赤でアンダーラインを引きます。(これをAパターンとします

これをしつこく繰り返しているうちに、多くの英単語にアンダーラインが引かれていきます。

だんだん何度出会っても意味を覚えられない単語だけが残ってきます。

今度は、なかなか覚えられない単語を目視だけでなく紙に書くことでアウトプットして記憶に定着させますこれをBパターンとします)。Bパターンにはいろいろなバリエーションがあり、声に出して言ってみたり、Word に打ち込んでみたり、とにかく多様な方法でアウトプットした方がいいです。

この写真はなかなか覚えられない単語を Word に入力して単語帳を作ったものです。薄い本のようになっています。持ち運んで通勤中に目を通したりして使いました。(画像クリックで拡大できます)

Bパターンの作業が終わったら、またAパターンの作業を繰り返していきます。必要に応じて、再度Bパターンの作業も取り入れます

だんだん赤のアンダーラインが増えていくのが楽しいです

通勤時間や空いた時間にやってもいいですし、続けることが大事です。忙しい日は無理をしてやらないこともありました。

そして最終的にはひとつの単語集のすべての単語にアンダーラインがつきます。

それを数冊の単語集でやり遂げた時に、語彙力は爆発的に増えました。

なぜやり遂げられたのか。その秘密とは語源の知識、インターネット上の語彙力診断テスト、そして短文を読むことでした

語源の知識によりいもづる式に語彙力を増やす方法

まず語源の知識について。語源の知識があると、英単語の勉強が面白くなります。記憶しやすくなるだけでなく、文字の並び方を見ればだいたいの意味を推測できる場合も多くなります。

一つの単語を覚えれば、それから派生していくつもの単語を同時に覚えられることもありますし、類義語・対義語にも注目すれば、さらに多くの単語を覚えられます。

たとえば sol は「ひとつの、1番目の、太陽」という意味があります。

solo は独唱・独奏
solar は太陽の
solitary は孤独な
desolate は荒廃した
solstice は夏至や冬至の至日
sole はヒラメ(目が一つしかない)

以上の単語はみんな sol に関係があります。

duo は「2つ」のことです。

duet はデュエット
dual は2重の
double は2倍
duplicate は複製する

語彙力のレベルチェックをする方法

また、ネット上には日本のもの・外国のもの含めて英語の語彙力テストがいろいろあります。私は Weblio 語彙力診断テストというものをゲーム感覚でやっていました。

無料かつ短時間で行えて、結果もすぐに出てきます。間違えた単語もすぐにわかるので、次は間違えないように記憶するように努めました。ランクづけもあり、レベルが上がっていくのも楽しかったです。

私は最終的には Weblio の言う「賢者」や「大学者」(大げさな表現ですね)のレベルになりました。英単語を学習するモチベーションを上げるのに役立ちました。

難単語を含む短文に触れる方法

単語は数多くの英文に触れて繰り返し出会うことで、記憶に定着するようになります。しかし、一冊の本をすべて読むのは時間がかかります。

なので、Twitterの短文や洋書の一部分を読むことを繰り返すようにしました。

Twitter は外国のニュースをフォローすることをお勧めします。翻訳機能もついていますので、すぐに和訳を見ることもできます。また画像も添えられているので、単語のイメージをつかむことにも適しています。

洋書は何か興味のあるものを手に入れて、部分的でも良いので読んでみましょう。英語以外に専門分野や趣味を持っている人は、その関連の本でも良いでしょう。

洋書 の 売れ筋ランキング

外国の英文法書もおすすめです。初心者は絵本から始めてみても良いでしょう。

短期集中で単語学習をしてわかったこと

最後までやるのに半年程かかりましたがそれなりの効果はありました

必要なのは継続力です。かなり時間とエネルギーがないとできない方法かもしれません。人によって向き不向きがあることでしょう。

私は当時は何とかして語彙を増やしたいという情熱があったので、できたのかもしれません。やった後は正直かなり疲れました。勉強しすぎも体に良くありません(笑)

私はこのやり方で英検1級の単語もかなり覚えられました。その後、使用頻度の低い単語は結構忘れてしまいましたが、現在はインターネットなどで英語で書かれたニュースを読むのはあまり困りません

あえて言うと知らない単語というものはいくらでも出てくるもので、ほとんど使わない単語を覚えることに時間を費やすよりは、意味を推測する力を養うことも大切なことです。

しかしながらキーワードとなる単語の意味がわからなければ英語のコミュニケーションはできません。やはり英語学習では語彙を増やすことはとても大切だということを実感しています。

まとめ

文脈の中で単語を覚えていくのが基本ですが、たまには短期間集中してボキャビルに取り組んでみるのも良いことです

ふだんあまり出会わないでとりこぼしている単語もしっかり覚える機会になります。

覚えた単語を忘れるのは当然のことですが、また覚えればよいのです。次に覚える時は前より少ない労力で済むはずです。

私は20代の頃は英検準1級レベルのボキャビルをしたことがあります。今回は英検1級レベルの単語の語彙増強について話しました。

さらに勉強したいあなたのために、もっとハイレベルな英単語集を紹介します。ネイティブの知識層が使うような難単語が集められているマニアックな本です。やってみましたが、かなり手ごたえがありました。著者はニューヨーク在住の国際政治経済アナリストの人です。