シチュエーション別英会話

【比較対照】英語と米語の違いを例文で解説-発音・文法・単語・スペル

 
タワーブリッジ
 

ブログ運営者

こんにちは!!!Lovely です。
TOEIC 900点超えのおじさんです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • 同じ英語でもイギリス英語とアメリカ英語では、発音・文法・単語・スペルに違いが見られます。
  • この記事ではイギリス英語とアメリカ英語の基本的な違いについて、例文を挙げながら解説します。
  • アメリカ英語だけでなく、イギリス英語はTOEICでも出題されますし、英検でも上の方の級では出てきます。試験対策としても理解しておくと良いでしょう。

イギリス英語とアメリカ英語の違い

同じ英語でも違いが生じる理由

日本語に方言があるように、同じ英語とは言っても、地域によって発音や言い回しの違いが見られます。それぞれの地域の特徴に合わせて、言語も変化していくわけです

英語は大きく分けるとイギリス英語とアメリカ英語に分けられます。それぞれのイメージを簡単に整理すると、次のようになります。

イギリス英語とアメリカ英語の違い
  • イギリス英語・・・上品できちっとしたイメージ
  • アメリカ英語・・・簡単でフレンドリーなイメージ

イギリス英語はもともと上流階級や知識人の言葉が源流です。アメリカ英語は多くの異なる民族がコミュニケートできるように、わかりやすく簡略化された英語になっています。その違いが言葉のイメージの違いを生んでいます

どちらを学ぶのが良いか

日本の英語教育はアメリカ英語が中心です

しかしたとえば、ロンドンに留学するために英語学習に取り組んでいる人であれば、イギリス英語を中心に学ぶべきです。

英語を学ぶ目的によって、イギリス英語を中心に学ぶか、アメリカ英語を中心にするのか、選択する必要があります。

両方学ぶにしても、混同せずに相違点を明確に意識しながら勉強していった方が良いでしょう。

発音の違い

発音の違いの大まかなイメージ

英語のリスニングをしている時に、今聞いている英語はイギリスの発音か、アメリカの発音か聞き分けられるでしょうか?

違いを簡単に整理するとこうなります。

イギリス英語とアメリカ英語の発音
  • イギリス英語・・・文字の通りにはっきり発音する
  • アメリカ英語・・・巻き舌・抑揚が強い

発音の違いの具体例を4つ

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いの典型例を見てみましょう。

イギリスアメリカ
waterウォーター
「T」の音をはっきり言う
ワラー
can’tカーント
「A」の音をはっきり言う
キャント
stopストップ
「ア」に近い「オ」
スタップ
「オ」に近い「ア」
moreモー
「R」の音は控えめ
モア
「R」の音は舌を巻く

文法の違い

上段がイギリス英語、下段がアメリカ英語です。

現在完了形と過去形

I’ve already read the book you recommended.

I already read the book you recommended.

訳 お勧めいただいた本はすでに読んでいます。

イギリス英語では現在完了形が、アメリカ英語では過去形がよく使われます

集合名詞の複数・単数

My family are (is) doing well.

My family is doing well.

訳  私の家族は元気です。

family, team, committee などの集合名詞は、イギリス英語では複数か単数、アメリカ英語では単数として扱います

don’t need to/needn’t と don’t need to

You needn’t (don’t need to) brush your shoes every day.

You don’t need to brush your shoes every day.

訳  毎日、靴を磨く必要はありません。

need に関してはイギリス英語では needn’t という形が使われることがあります

時間表現の違い-日付の表記の仕方

イギリス式とアメリカ式の日付の表記の仕方については、次の記事の中にまとめてあります。

単語の違い

上段がイギリス英語、下段がアメリカ英語です。

will/shall と will

I will/shall visit your company tomorrow.

I will visit your company tomorrow.

訳  明日、御社を訪問させていただきます。

イギリス英語では will の代わりに shall が使われることがあります

have と take

My brother and I are having a break under the shade of a tree.

My brother and I are taking a break under the shade of a tree.

訳  兄と私は木の陰で休憩しています。

イギリス英語では have、アメリカ英語では take が好まれます。have a seat, take a seat などの表現もそうです。

have got と have

She has got a pretty doll in her bag.

She has a pretty doll in her bag.

訳  彼女のバッグには可愛い人形が入っています。

have got はイギリス英語でよく使われます。have と同じ「持っている」という意味です

数字に関する表現

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

Let’s meet up on the ground/first floor in Shinjuku station.

訳  新宿駅の1階で待ち合わせをしましょう。

My father gave me a ten-pound note/ten-dollar bill.

訳  父は私に10ポンド札/10ドル札をくれた。

その他のよく使われる表現

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

Would you call a taxi/cab for me?

訳  タクシーを呼んでくれませんか?

Can you send your CV/resume by mail?

訳  履歴書を郵送してもらえますか?

Please go on to the luggage/baggage claim area.

訳  荷物受取所にお進みください。

She is a member of the football/soccer club.

訳  彼女はサッカー部に所属しています。

I’m going to take summer holidays/vacations in the middle of August.

訳  8月中旬に夏休みを取ることになりました。

スペルの微妙な違い

名詞の語尾が our, or

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

What do you associate with this colour/color?

訳  この色から何を連想しますか?

I will say thank you to the neighbour/neighbor across the street.

訳  向かいのご近所さんに感謝の気持ちを伝えます。

名詞の語尾が re, er

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

He is now at the centre/center of the scandal.

訳  彼は今、不祥事の中心にいる。

動詞の語尾が se, ze

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

This gadget recognises/recognizes your face automatically.

訳  この装置は、あなたの顔を自動的に認識します。

She soon realised/realized he loved her.

訳  彼女はすぐに、彼が自分を愛していることに気づいた。

We had to analyse/analyze the problem closely in a few days.

訳  私たちは数日間で問題を細かく分析しなければならなかった。

動詞の burn

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

Three are burnt/burned to death in the accident yesterday.

訳  昨日の事故で3人が焼死した。

イギリス英語でも burned を使うこともあります

動詞の travel

前者がイギリス英語、後者がアメリカ英語です。

I’m looking forward to travelling/traveling around the world.

訳  世界を旅することを楽しみにしています。

まとめとおすすめ参考書

イギリス英語とアメリカ英語のイメージがつかめましたか?

イギリス英語はインド・オーストラリア・シンガポールなどでも用いられています。アメリカ英語はカナダ・フィリピンなどでも使われています

同じ英語とは言っても、いろんな発音や表記に慣れておくようにしたいものです。

さらに勉強したいあなたのために、物語を通してイギリス英語のリスニングが学べる面白い本を紹介します。リアルなイギリス英語と、イギリスの社会や文化に関する知識に出会えます。著者の一人はイギリス英語のナレーターとして有名な人です。

広告

 
 

☆ ブログ運営者

Lovelyです(50代、男性)

千葉県出身。

高校時代は英語スピーチコンテストに出場した。大学受験の時は英文解釈教室で学習。文系大学院修了後、しばらく英語から離れた。

40代で英語をやり直し、人文科学系の専門職(国家資格)をしながら公式問題集中心の勉強でTOEIC905を達成。英語業務も任される。

現在はNHKテキストにはまり、現代ビジネス英語の音読が日課。珈琲が好き。

 
 
【楽しく生きた英語に触れる】海外ドラマで学習ができる!
U-NEXT

海外ドラマ・洋画・洋楽を視聴することも良い英語学習になります。

U-NEXT という動画サービスは他の動画配信サービスと比べて見放題作品の数が20万本以上、ダントツで一番多いです。アニメ。漫画、書籍、雑誌も見られるところが素晴らしいです。

31日間の無料お試し期間もあります。解約はいつでも自由にできます。毎月1200ポイントがもらえ(翌月持ち越し可能)、映画のレンタルや漫画の購入に使えます。

 
 
らぶりぃ英会話