英語学習体験記と本の感想

TOEIC900超え独学40代社会人の体験記-確実にスコアアップする勉強法

 
タブレットとノート

ブログ運営者

こんにちは!!!Lovely です。
TOEIC 900点超えのおじさんです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • 日本や韓国では TOEIC Listening&Reading テストは毎回たくさんの人が受ける人気のテストです。参考書の数もとても多いです。高得点なら履歴書に書けば有利になることが多く、中にはテストを受け続けることを生きがいにしている人もいます。
  • 今回はハイスコアを達成した私のTOEIC体験をお話しします。スコアの推移や勉強法についても語ります。
  • みなさんの TOEIC 受験にぜひ参考にしていただけると幸いです。

私のTOEICスコア推移を公開します-約2年で900超え達成

社会人が独学でTOEIC900超えの体験記・スコア推移

755点から始まり、幸いなことに1度もスコアダウンすることなく、2年1カ月後の7回目の受験(新形式)で900点超えを達成しました。(グラフはクリックで拡大できます)

40代社会人の私がTOEICを始めた理由

TOEIC を知る前の私

英語は好きな教科でした。高校の時は英語のスピーチコンテストに出たこともあります。大学受験では英語は得意科目のひとつでした。

ところが社会人になってからは英語に全く関わらない時期がしばらく続きました。海外生活はもちろん海外旅行経験すらなし。留学経験もなし、です。

40代に入り、ある時から英語をやり直したくなり、勉強を開始しました。

勉強を進めるうちに、自分の英語のレベルについて知りたいと思うようになりました。また、勉強した証明になるものを残したいとも思いました。

TOEIC との出会い

そこで私が選んだのが TOEIC でした。

TOEIC L&Rはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計約2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入します。テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

TOEIC公式サイト
TOEICを受けるメリット
  • 点数がはっきり出るため、自分の位置がわかる。努力の成果が数字として表れ、やりがいを感じることができる。
  • 知名度や受験者の数が群を抜いている。共通の話題にしやすく、すでにたくさんの参考書や問題集が出版されている。
  • 実用的な質の良い英語が学べる。「使える英語」にこだわりたい人に最適。難解な学術用語は出てこない。

仕事は多忙でしたが、働きながら勉強時間を確保することに努めました。TOEICの受験を続ける上で何点で卒業するか迷ったこともあります。しかし最終的に目標設定は900点以上としました

途中で、旧形式から新形式にテスト形式が変わるハプニング(?)があって慌てましたが、何とか乗り越えることができました。

TOEIC900点レベルの難易度とは

TOEIC900点レベルは英語は得意な方だと感じていた私にとっても、かなりハードルは高いものでした。

800点を超えられたとしても、「900点の壁」は相当手強いと思っておいた方がよいです

単純に英検と比較することはできませんが、900点を超えるためには英検準1級合格レベルの英語力は軽くクリアしていることが必要だと思います。

英検1級と比較すると、TOEIC900の方が取りやすいという意見が多いようです(例外ももちろんあるようです)。

ツイッターでは900を超えている人をよく見かけるので、簡単なように見えてしまう人もいるかもしれません。しかし、私の場合リアルの世界では900点以上の人はほんんど会ったことがありません。

達成までかかった勉強時間

900点を取るまでに約2年間みっちり勉強した感があります

総計何時間勉強したか正確な記録を残しておらず残念ですが、仕事の時間以外はほぼずっとTOEICのことを考えて暮らしていたのは間違いないです

仕事は多忙でしたが、休日はもちろん、平日の移動時間(通勤時間は片道1時間半程度)も勉強に当てました。

ただし、それぞれの試験後の数週間は放心状態で、勉強があまり手につかなかった時期もありました。(TOEICはかなりエネルギーを使う試験です)

たまに休憩を取ることも、すごく大事だと考えています。

目標達成に役立った具体的な独学勉強法

では具体的にどんな勉強をしたのかについて説明します。

オリジナルノートの作成

公式問題集をコピーし張り付けて、ノートを作りました。問題集を解いて間違えた部分もノートにまとめていきました。弱点をまとめた自分だけのオリジナルノートは、試験前に読み返すだけでもスコアアップに結びつきやすいと思います。

移動時間にリスニング

平日は通勤時間が長かったため、通勤電車の中でリスニングをしました。休日は運動も兼ねて歩きながらリスニングをしました。忙しい社会人の場合、いかに勉強する時間を確保するかが重要です。移動中のリスニングは有効です。特に、公式問題集のパート3とパート4の部分を何度も繰り返して聞きました。

TOEIC の勉強に集中する

また、TOEICに特化した勉強に集中し、大学受験や英検、英会話の本は基本的に使いませんでした。たとえばパート7などで広告や求人案内の文章が出題されたりします。このような TOEIC らしい問題に慣れるということも重要です。短期で結果を出すためには、TOEIC の世界に浸り込んでしまうことをお勧めします。

モチベーションを上げる

モチベーションを上げるためには、Excel で数値化した学習記録(画像クリックで拡大できます)を作成したり、Twitter で英語友達と交流することがとても役に立ちました。試験結果にもとづいて自分の弱点を分析して、勉強の計画を立てました。

TOEIC学習記録
当時の私の学習記録の一部

また、TOEIC経験の豊富な人から情報を集めることもしました。目標を達成した人たちの体験記はいくつも読み込みました。(この記事の最後の方で、体験記のおすすめ本も紹介しています)

モチベーションをどうやって維持するか
  • 数値化した学習の記録をつけることにより、少しずつでも進んでいることをが実感できます。
  • 努力を続けている英語友達との交流により、良い刺激を受けることができます。
  • 目標を達成した人の体験記を読み込むことにより、学習のヒントを得ることができます。

語学は継続が何よりも大事なのは間違いありませんが、毎日やらなくても大丈夫です。無理をせず、体調がすぐれない日や仕事が忙しい日はあえて勉強をしない選択をすることも大切なことです。

勉強の反省点とその後

反省点としては、音読をあまりしなかったことが挙げられます。それでも最終的に900点を超えることができ、とても嬉しかったです。(画像クリックで拡大できます)

2017年4月のTOEIC公開テストの結果

TOEIC900点は英語学習の通過点に過ぎませんが、ひとつの仕事をやり終えた充実感がありました。

その後は海外旅行もするようになり、英会話にも力を入れるようになっています。音読に取り組む時間も持てるようになりました(次の記事を参照)。

私が使った問題集・参考書・単語帳

私が使って効果的だったと思う本は次の記事にまとめました。ご参考にしてください。

公式問題集、特急シリーズ、文法問題でる1000問、千本ノック・シリーズ、990点攻略などのレビューを詳しく載せています。

【これから受ける人へ】先輩たちの体験記を読もう!

体験記を読むとやる気が出る

TOEICの勉強は楽しい時ばかりではなくきつい時もありますが、やった分だけはっきりとした点数が出るのでやりがいもあります。

900点を超えてやっと見えてくる景色もありますので、よかったらぜひ頑張ってみてください。

モチベーションを上げるには、TOEIC の先輩たちの体験記を読むことが役立ちます

いろんな人が、いろんな方法で TOEIC に取り組んでいます。

私もそうでしたが、読むことで自分一人では気づけないような勉強の方法とともに燃えるようなやる気が得られます。

TOEIC の勉強を進めながら繰り返し読めば、その都度新しいヒントが見つかることでしょう。

おすすめの TOEIC 体験記

いくつか面白いものご紹介しておきます。(長いタイトルの本が多いですね…)

改訂版 できる人のTOEICテスト勉強法

東京の八重洲でTOEIC教室を運営し実績を上げている中村澄子先生による本。元教室生の体験記も載っています。

英語がニガテで高校時代に「E判定」だったボクが超有名大学へ進学しカリスマ英語講師になってTOEIC(R) L&Rテストで満点を89回もとった 超効率! 英語勉強法

超有名講師、森田鉄也先生の本。高校時代は英語が苦手だった著者が、やがてTOEIC満点を連続で取れるようになった秘密を公開しています。

濱崎流 TOEIC(R) L&Rテストの鍛え方~英語は格闘技

これまた超有名な濱崎潤之輔先生によるTOEICの本。勉強法から試験当日の留意点まで解説されています。

TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法

目標スコアのレベルに応じて、どんなことをすれば良いかがわかります。900点より先の世界も詳しく書いてあり、ハイレベルな読者にも対応しています。

40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEIC L&Rテストを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法【新テスト対応新装版】

著者は公式問題集を集中的に使い倒す勉強法で、900点超えの成果を出した人です。

ただのサラリーマンが時間をかけずに8カ月でTOEICテストで325点から925点になれたラクラク勉強法

半年程度の短期間で大幅にスコアアップするための著者なりの工夫が書かれています。

まとめ

TOEICは非常によくできているテストで、やってよかったと思っています。

一度はほれ込んで、取り組んでみたらいかがでしょうか? 

900点を超えてからは、さらに高得点をめざして進む人もいます。

しかし私はスピーキングが弱いと感じていたので、TOEICはいったん卒業して別の道に進むことにしました。再び受ける日がいつか来るんでしょうか?