英会話のための文法と構文

英語の動詞に続くthat節・if節・wh/how節-その語順と時制の一致

 
考えている女性
 

lovely

こんにちは!Lovely です。
TOEIC 900点超えの英語マニアです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • 「思う」「知る」「感じる」「言う」などの動詞に that 節などの節を続ける言い方は会話でも文章でも頻出します。その使い方に十分慣れていますか?この記事では動詞に節を続ける英語表現を見ていきます。
  • 節の直前には、一語の動詞の場合だけでなく、動詞+目的語のこともあり、例えば I’m sure などの形容詞の表現であることもあります。
  • that 節以外の、if / whether 節や what節、how 節などを続ける場合も解説します。

思考・伝達系の動詞・形容詞に that節・if節・wh/how節を続ける場合のルール

思考や伝達の意味をあらわす動詞(形容詞)の後に節を続ける言い方があります。従属節が動詞(形容詞)の内容を説明する役目を果たしています。

この言い方をする際にいくつか気をつけるべき点があります。

動詞(形容詞)に節を続ける時の注意点
  • that 節が続く場合、that は省略されることがあります
  • また、if 節や whether 節が続くこともあります。whether は if よりもはっきりと選択の意味を示します。
  • how や wh で始まる疑問詞の従属節が続く場合は、疑問文の語順にはならないことに注意しましょう。
  • また、従属節の中の動詞の時制は、一部の例外を除いて主節の動詞の時制との関係で決まります。これを時制の一致と言います。(これについての深い考察は英語の時制の一致を参照)
  • suggest など「人に何かをしてもらいたい」意味を表す動詞に続く that 節の中の動詞は原形になります。
  • これから紹介する動詞(形容詞)は例えば I think it difficult to do so. (SVOC)などのように節を伴う以外の使い方をされることもあります。

では具体的にどのような表現があるのか見ていきましょう!

動詞の後に節が続く場合

「思う」 think, suppose, wonder など

I think that something is wrong.

訳 何かがおかしいと思います。

What do you suppose his next book is about?

訳 彼の次の本は何についてだと思いますか?

We have to consider how old the candidate is.

訳 私たちは候補者の年齢を考慮に入れなければならない。

I wonder if you could help me again.

訳 また手伝ってくれないかな?

I don’ care who you are.

訳 あなたが誰であろうと気にしない。

「信じる・決める」 believe, decide, agree など

That is why I believe he is innocent.

訳 だから彼は無実だと信じています。

I swear that I will get over my illness.

訳 私は病気に勝つと断言します。

We will decide whether the special conference will be held or not.

訳 私たちは特別会議を開催するかどうかを決定します。

They agreed that your proposal was the best.

訳 彼らはあなたの提案が最高であることに意見が一致しました。

She promised us that she would get back to the country by next year.

訳 来年までにその国に戻ると彼女は私たちに約束した。

「想像する」 imagine, guess

I imagine that you spent a lot of time achieving such a big thing.

訳 こんな大きなことを成し遂げるのにあなたは多くの時間を費やしたと想像します。

I can guess what kind of food she likes.

訳 彼女の好きな食べ物が推測できます。

「知る・理解する」 know, understand, find など

Do you know how far the lake is?

訳 湖までの距離を知っていますか?

It was hard to understand what he meant.

訳 彼の言っていることを理解するのは難しかった。

You will find that what he said is true.

訳 あなたは彼の言ったことが真実だと気づくでしょう。

He is the first man who discovered the tribe was still alive.

訳 彼はその部族がまだ生きていることを発見した最初の男です。

I totally forgot I put the key on the table.

訳 テーブルの上に鍵を置いたことをすっかり忘れていた。

「聞く・感じる」 hear, feel

I heard that he got good grade in math.

訳 彼は数学の成績が良かったらしい。

I felt that that T-shirt was too flashy.

訳 あのTシャツは派手すぎると感じました。

「言う・伝える」 say, show, inform など

They say that the politician took a bribe.

訳 その政治家が賄賂を受け取ったと言われています。

Would you tell him that I called?

訳 私が電話をしたことを彼に言ってもらえますか?

The note shows that she has already decided to buy it.

訳 メモを見ると彼女がすでに買うのを決めていることがわかる。

The lecturer explained how we should deal with prank calls.

訳 講師はいたずら電話をどう処理すべきかを説明しました。

We regret to inform you that we cannot offer a free trial anymore.

訳 申し訳ありませんが、もう無料体験は提供できません。

The ordeal taught me that life is not easy.

訳 試練は人生が簡単ではないことを教えてくれた。

「尋ねる」 inquire, ask

He inquired when the gate would open.

訳 彼は門がいつ開くのかを尋ねた。

I want to ask him if he can attend the party.

訳 彼がパーティーに参加できるかどうか彼に聞きたい。

「提案する・要求する」 suggest, demand

この意味の動詞に続く that 節の中の動詞は原形になることに注意しましょう。

以下の関連記事もあります。

I will suggest that we split the bill.

訳 私は割り勘にすることを提案します。

I demand that you submit the document again.

訳 文書の再提出を求めます。

「期待する・望む」 expect, hope

以下の関連記事もあります。

I expect that we will be able to get together soon.

訳 近いうちにお会いできることを期待します。

I hope you will do a good business.

訳 商売が繁盛するといいですね。

形容詞の後に節が続く場合

I’m happy you love it.

訳 気に入ってもらえて良かったです。

I’m sad you’re leaving tomorrow.

訳 明日でお別れなのは寂しいです。

I’m sure she will keep her word.

訳 きっと彼女は約束を守るだろう。

I’m afraid that he won’t accept the offer.

訳 残念ながら彼は申し出を受け入れないと思う。

I’m sorry I made a mistake in big situation.

訳 大事な場面で間違えてすみません。

I’m positive that it is my wallet I dropped yesterday.

訳 昨日落とした私の財布に間違いありません。

豆知識

時制の一致をしなくてもいいのはどういう時?

まとめ

基本的な動詞がたくさん出てきました。

思ったり言ったりすることは人間の基本的な活動のひとつなので、今回見てきた表現は至る所で使われるものばかりです。

スラスラ言えるようになるまで練習することが必要です。

ふつう英語ではまず「私は思う」と言ってから、どんな内容を思ったのかを相手に伝えます。この順番も大切です。

さらに勉強したいあなたのために、ハイレベルな古典的名著を紹介します。英語の長文読解に本格的に取り組みたい人のニーズを十二分に満たす内容です。この本には that 節などの節について詳述した章があり、大変参考になります。著者の伊藤和夫先生は駿台予備校の講師だった伝説的な人です。