英語の語彙力と作文のコツ

頻度・確率を表す英語の例文一覧-頻度の副詞の種類と使い方、イディオム

 
四つ葉のクローバー
 
 

ブログ運営者

こんにちは!!!Lovely でごんす。
TOEIC 900点超えのおじさんっす。
例文がいっぱいのブログだよ。
 
  • ものごとがどれぐらいの頻度で起きるのかを表したい場合は非常によくあります。そういう時は主に特定の副詞が使われます。
  • この記事では頻度や確率を表す英語表現について「頻度の副詞」を中心に例文で解説します
  • この記事の内容をマスターすれば、英会話や英作文のあらゆる場面で役立つ重要表現が使えるようになります。それぞれの副詞が大体何%ぐらいの頻度を表しているか正確にイメージできるようにしましょう。
 

頻度を表す副詞(イディオム)の使い方

「いつも」とか「ときどき」などの意味を表す副詞(イディオム)は会話でも文章の中でもよく見かけるものです。

まさに「頻度を表す表現は出現頻度が高い」のです。

ここでは代表的な頻度の表現について、概観していくことにしましょう。

その前に、頻度を表す副詞の位置について確認しておきましょう。

頻度の副詞が置かれる位置・順番

頻度を表す副詞は、基本的には動詞の前に置かれます

be 動詞の場合は、その後になります。助動詞がある場合は、その後になります。

具体的な位置は、次の項目からの例文でチェックしてみてください。

英語の副詞には頻度の副詞以外にも、いくつか種類があります。それらの位置についてはこちらの記事を参照してください。

頻度を尋ねる疑問文の作り方

How often do the buses run in an hour?

訳 バスは1時間に何本走っていますか?

頻度を聞きたい時は How often を使うのが最も普通の言い方です

How many characters do you type per minute?

訳 1分間に何文字入力しますか?

いつも(約100%~80%)

You are always finding fault with others.

訳 あなたはいつも他人の欠点を見つけています。

That area was crowded all the time.

訳 そのエリアはいつも混雑していた。

I get my paycheck every month.

訳 私は毎月給料をもらっています。

Every time I close my eyes, I remember the scene.

訳 目を閉じるたびに、その場面を思い出します。

I’m absent whenever you call.

訳 あなたが電話をかけてきたときはいつも、私は不在です。

whenever の使い方についてはこちらの記事をどうぞ。

He usually wears a brimless hat.

訳 彼はいつもつばのない帽子をかぶっています。

The gate was normally closed except for a special day.

訳 その門は特別な日以外はいつも閉まっていた。

He generally studies English early in the morning.

訳 彼は普段、早朝に英語の勉強をしています。

よく(約70%~60%)

He went fishing most of the time.

訳 彼はほとんどの時間、釣りに行っていた。

I was frequently asked why I didn’t marry.

訳 私はなぜ結婚しないのかとよく聞かれました。

Nature is often compared to a mother.

訳 自然はよく母親に例えられる。

ときどき(約50%~40%)

He is sometimes cited as a model researcher.

訳 彼は模範的な研究者として引き合いに出されることもある。

She would occasionally cry in the room.

訳 彼女は時折、部屋で泣くことがあった。

I read this letter from time to time.

訳 私はこの手紙を時々読んでいます。

I see him yawn every now and then.

訳 時々、彼があくびをしているのを見かける。

めったにない・ほとんどない(約20%~10%)

We can rarely find such a beautiful wildflower.

訳 こんなに美しい野の花はめったに見られない。

There’s hardly any wind.

訳 風はほとんどありません。

rarely, hardly などの準否定語については次の記事が参考になります。

まったくない(0%)

I’ve never been to a gambling house.

訳 私は賭博場に行ったことがありません。

パーセント(百分率)の表し方

There will be a fifty chance/probability/likelihood of rain tomorrow.

訳 明日は50%の確率で雨が降るでしょう。

降水確率などの表現は天気予報にはよく出てきますね。関連記事はこちらです。

「○○に〇回」という表現

My grandfather never fails to greet the sun once a day.

訳 祖父は1日1回、太陽への挨拶を欠かしません。

They meet secretly twice a week.

訳 彼らは週に2回はこっそり会っている。

週に3回だと three times a week となります

Nine times out of ten she’s angry.

訳 十中八九、彼女は怒っています。

数字が含まれる決まり文句です

That was the chance of a lifetime!

訳 一生に一度のチャンスだった!

日本語では「千載一遇のチャンス」とも言います

数量・数字に関する英語表現は以下の記事が参考になります。

「〇〇ごとに」という表現

Things like that are taking place on a daily basis.

訳 そんなことが日常的に起きている。

on a ~ basis は「~ベースで」という言い方です。on a daily basis よりも every day の方が簡単な表現です

The annual office party was held in January.

訳 会社の年次パーティーは1月に行われました。

annual は「1年ごとの」という意味です

My grandmother receives a pension every two month.

訳 祖母は2ヶ月に一度、年金をもらっている。

「2ヶ月ごとに」「2ヶ月に1回」という言い方です

電車の時刻表に関する表現は、次の記事に載っています。

まとめとおすすめ参考書

頻度の副詞を使うと、ものごとをよりはっきりと表現することが可能です。

言い表されていることが、どの程度起こっているのか明確になるからですね。

頻度の表現のさまざまなバリエーションに精通するようにしましょう。

みなさんお馴染みの英文法書、一億人の英文法には頻度の副詞についての簡潔な説明が載っています。わずか数ページですが、ポイントを的確に押さえています。さすが大西先生です。

こちらは英語の副詞の使い方についてネイティブが解説した本です。具体的な表現を通じて英語の副詞に特化した勉強ができます。著者のデビッド・セインさんは日本での豊富な教育経験があり、さまざまな本を出版しています。

広告

 
 

☆ ブログ運営者

Lovelyです(50代、男性)

千葉県出身。

高校時代は英語スピーチコンテストに出場した。大学受験の時は英文解釈教室で学習。文系大学院修了後、しばらく英語から離れた。

40代で英語をやり直し、専門職(国家資格)をしながら公式問題集中心の勉強でTOEIC905を達成。英語業務も任される。

現在はNHKテキストにはまり、現代ビジネス英語の音読が日課。珈琲、バナナが好き。

 
【英語学習者の味方】読書家には断然お得なサービスです。
Kindle Unlimited

たった月額980円で和書と洋書200万冊以上が好きなだけ読めます。

ジャンルは小説、ビジネス書、趣味・実用、児童書、雑誌、漫画など多様。

スマホ、タブレット、パソコンで読むことができます。

らぶりぃ英会話