英語の語彙力と作文のコツ

and, or を使ったバイノミアル・ペア-英会話で役立つ慣用表現

 
パンとバター
 

lovely

こんにちは!Lovely です。
TOEIC 900点超えの英語マニアです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • bread and butter は「パンとバター」ですが「必要な食べ物」とか「生計」という意味にもなります。このように単語と単語が等位接続詞で結ばれていて、慣用的に使われる言い回しは他にもいろいろあります。
  • この記事ではバイノミアルペアと言われる慣用表現について基本的なものを学べます
  • 発音が似ている単語どうしをくっつけたものもあるので、かっこよく聞こえるかもしれません。会話が楽しくなりますよ。

単語のペアでできた慣用表現-バイノミアルペア

慣用句と呼ばれるものがあります。習慣として使われてきた言い回しのことを指しています。

特に英語圏では聖書由来の慣用句が新聞などでよく使われる傾向があります。(聖書に由来する英語慣用句の辞典では使用頻度の高い聖書由来の慣用句について解説が読めます)

ここで取り上げるバイノミアルペア(binomial pairs)とは2つの単語を and や or で結んで作られた慣用句のことです。会話でよく使われます。

binomial という単語の意味は以下の通りです。

two words separated by a conjunction that almost always appear in the same order, for example “bread and butter”

Cambridge Dictionary

似た意味の単語をつないでいる場合もありますし、反対の意味の単語をつないでいる場合もあります。

似た意味の単語をつなぐ場合は、強調する意味合いが込められています

単語の順番は通常固定されていて、入れ替えて使うことはできません

また2つの単語の発音は韻を踏んでいるものもあります。

まず名詞と名詞、形容詞と形容詞、動詞と動詞などを and でつなげたものについて、例文を挙げて見ていきます。最後に or でつなげたものを説明します。

ちなみに強調表現についての記事はこちらです。

名詞 and 名詞

Ladies and gentlemen, welcome to Japan!

皆さん、ようこそ日本へ!

We had ham and eggs for breakfast today.

今日の朝食はハムエッグを食べました。

I pray for peace and quiet of the country.

国の平穏を祈ります。

He examined wear and tear on a vehicle.

彼は車の損傷を調べた。

wear は「擦り切れ」tear は「裂け目」で、合わせて「損傷」という意味になります

Diligence is part and parcel of our job.

勤勉は私たちの仕事の眼目です。

part も parcel も「部分」という意味です。2つ合わせて「重要な部分、眼目」という意味になります

He got tired of the hustle and bustle of the city.

彼は街の喧騒にうんざりした。

形容詞 and 形容詞

I like her because she is always neat and tidy.

彼女はいつも綺麗にしているので好きです。

I’m sick and tired of this movie.

この映画にはもう飽き飽きしました。

The lost child was found safe and sound.

迷子の子供は無事に発見されました。

His opening speech was short and sweet.

開会のスピーチは短くて要領を得たものでした。

He will be up and about in a week or so.

彼は一週間かそこらで起き上がるでしょう。

be動詞の補語として使われているので形容詞的な働きをしています。up は「立ち上がる」、about は「歩き回る」イメージです

動詞 and 動詞

It’s time to rise and shine!

起きる時間だよ!

一説では「朝日が昇って輝く」イメージで「起床する」意味になります

We should wait and see how it moves.

それがどのように動くのかを静観するべきです。

時間と場所を and でつないだもの

When and where did you see him?

いつ、どこで彼に会いましたか?

She decided to buy it there and then.

彼女は直ちにそれを買うことに決めました。

「その時その場所で」から「直ちに」という意味になります

反対語を and でつないだもの

The pendant swung back and forth.

ペンダントが前後に揺れました。

In short, life is full of ups and downs.

要するに、人生は浮き沈みが激しい。

Everything has pros and cons, doesn’t it?

何事にも長所と短所がありますよね。

By and large, your plan is better than mine.

全般的に、あなたの計画は私のよりも優れています。

航海用語では by は「風上に向かう」、large は「風下に向かう」意味だそうです。そこから「どちらにしても」「全般的に」という意味になったそうです

単語を or でつないだもの

You’ll realize your mistakes sooner or later.

あなたは遅かれ早かれ自分の間違いに気づくでしょう。

It’s an all-or-nothing situation!

それはいちかばちかの状況です!

大成功をおさめるか、すべてを失うかという状況を表しています

He’ll arrive in one hour, give or take a few minutes.

彼は数分のずれはあるにしても、大体1時間で到着するでしょう。

まとめ

基本的なバイノミアルペアの言い回しを概観しました。

反対の概念を並べたり、似た意味を重ねて強調したりして、会話で楽しく使えそうですね!

さらに勉強したいあなたのために、英語のイディオム辞典の決定版を紹介します。三省堂が出している辞典で、項目数は 63000 あります。ことわざやコロケーションなどの解説もあり役に立ちます。