英会話のための文法と構文

英語の副詞の位置のルール-時・場所の順番と副詞の種類・修飾の仕方

 
並ぶ子供
 

lovely

こんにちは!Lovely です。
TOEIC 900点超えの英語マニアです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • スピーキングやライティングで英語をアウトプットする時に、副詞の位置に迷うことがあるものです。
  • 今回は副詞をどこに置くか、そのルールについて解説します
  • 英語では副詞の意味によって置かれる位置が大体決まっているんです!その法則性を整理して示します。

英語の副詞の分類と置かれる位置のルール

副詞(adverb)とは動詞、形容詞・副詞、文全体を修飾する言葉です。一部の副詞は名詞や代名詞を修飾することがあります。

副詞について詳しく掘り下げたい人は、「英文法大事典」シリーズ第4巻 形容詞と副詞を参照してください。ちなみに adverb を Cambridge Dictionary で調べてみましょう。

a word that describes or gives more information about a verb, adjective, adverb, or phrase:

Cambridge Dictionary

意味によって副詞を分類すると大きく5種類に分けられます。時間・頻度・場所・様態・程度の副詞です。

例外もありますが、それぞれに置く位置が決まっています。

ではひとつひとつ見ていきましょう。

時間の副詞は文の最後に置く(文頭の場合もある)

He is not at his desk now.

訳 彼は席を外しています。

I worked overtime yesterday.

訳 昨日は残業しました。

I’ll attend the party at 5 tomorrow.

訳 明日の5時にパーティーに参加します。

複数の時間に関する副詞がある時は、小さい単位から順番に並べます

I’ve never seen such an exciting movie before.

訳 こんなに興奮する映画を前に観たことがない。

Do you want to see the pictures I took there last autumn?

訳 私が去年の秋にそこで撮った写真を見たいですか?

場所の副詞がある時は、場所の次に時間が来ます

頻度の副詞は一般動詞の前、be動詞・助動詞の後

I always drink hot coffee at that café.

訳 私はいつもあのカフェでホットコーヒーを飲みます。

You are never too late to make a change.

訳 あなたは変化を起こすのに遅すぎるということはない。

The word is rarely used in this context.

訳 この文脈でその単語が使われることはめったにありません。

I sometimes went to the library to find interesting books.

訳 私は時々、面白い本を見つけるために図書館へ行きました。

sometimes は文頭や文末に置くこともできます

場所の副詞は自動詞の後、他動詞の目的語の後

It’s getting dark outside.

訳 外は暗くなってきています。

It’s cold today. The snow remains here and there.

訳 今日は寒い。雪はあちこちに残っている。

You can find a vending machine everywhere in Japan.

訳 日本のどこにでも自動販売機があります。

I’d like to study abroad after I graduate from high school.  

訳 高校を卒業したら留学したいです。

様態の副詞は自動詞の後、他動詞の目的語の後

Who can run fast in this class?

訳 このクラスで誰が速く走れますか?

He speaks English well.

訳 彼は英語を上手に話します。

He is observing the insect carefully.

訳 彼は昆虫を注意深く観察している。

She is carefully listening to the classical music which gives her peace of mind.

訳 彼女は心の安らぎを与えるクラシック音楽を注意深く聞いています。

目的語が長い場合は、動詞の前に置かれることが多いです

程度の副詞は一般動詞の前、be動詞・助動詞の後、修飾する語句の前

I think that is perfectly correct.

訳 それは完全に正しいと思います。

I have almost finished lunch, so I’ll go at once.

訳 昼食がほとんど終わりましたので、すぐに行きます。

I can hardly hear you.

訳 ほとんど聞こえないんですが。

I nearly died when I saw him by accident.

訳 偶然彼に会った時、(びっくりして)死ぬところだった。

その他の副詞の置かれる位置のルール

ここでは文、句や節、形容詞・副詞、名詞(代名詞)を修飾する場合の位置について見ていきましょう。

文を修飾する副詞は文の最初か最後または一般動詞の前、be動詞・助動詞の後

Clearly, this is caused by other reasons.

訳 明らかに、これは他の理由が原因です。

He didn’t make it on time, unfortunately.

訳 残念ながら彼は間に合わなかった

I naturally agree with your decision.

訳 私は当然あなたの決定に同意します。

Tomorrow will probably be sunny.

訳 明日はおそらく晴れでしょう。

句や節を修飾する副詞は句や節の前

We’ll start exactly at 7.

訳 ちょうど7時に出発します。

Don’t worry only because you made a small mistake.

訳 小さな間違いをしただけで心配しないで。

The alarm went off soon after the earthquake occurred.

 訳 地震が発生した直後に警報が鳴った。

形容詞・副詞を修飾する副詞はそれらの前

She is a very kind teacher.

訳 彼女はとても親切な先生です。

There are grammatically wrong sentences.

訳 文法的に間違った文があります。

My parents quarrel quite often.

訳 両親はよく口論します。

名詞を修飾する副詞は名詞の前後

It was quite a movie. You should watch it.

訳 すごい映画でした。あなたも見るべきです。

Only you can achieve the goal.

訳 あなただけが目標を達成できます。

only が代名詞の前に置かれています

Social media is vital for young people nowadays.

訳 ソーシャルメディアは今日の若者にとって不可欠です。

young people nowadays で「今日の若者」という意味です

豆知識

不定詞の動詞を修飾する場合はこの位置に副詞を入れます。

まとめ

副詞の置き方の基本について整理して解説しました。複雑な感じがしましたか?

多くの英文に触れているうちに自然と身についていくので安心してください。

いろいろな意味や修飾の仕方を持っているのが副詞です。文中に置かれる位置もさまざまですね!

さらに勉強したいあなたのために、副詞に慣れるための好評の一冊を紹介します。現在は絶版となっている本ですが、辞書形式で使いやすいです。著者は文法書を中心に多くの本を出している人です。

こちらはネイティブ視点からの副詞の使い方がわかる本です。具体的な表現を通じて英語の副詞に特化した勉強ができます。著者のデビッド・セインさんは日本での豊富な教育経験があり、さまざまな本を出版しています。