英語の語彙力と作文のコツ

形容詞と前置詞の組み合わせ24選-anxious about と anxious for の違い?

 
楽器を弾く男
 

lovely

こんにちは!Lovely です。
TOEIC 900点超えの英語マニアです。
例文がいっぱいのブログです。
 
  • 特定の形容詞の後に前置詞をつける時に、何をつけたらいいか迷うことがありますね。試験でも前置詞を問う問題はよく出題されますが、苦手な人も多いです。
  • この記事では英語の「形容詞+前置詞」の慣用句の基本的なものを解説します。
  • どの前置詞が選ばれるかについては一定の理由もありますが、理屈を深追いするよりそういうイディオムとして体に慣らしてしまうのが早道です。例文を覚えてしまいましょう。

英語の「形容詞+前置詞」の慣用的な組み合わせ

英語のイディオムはたくさんありますね。三省堂 英語イディオム・句動詞大辞典には圧倒的な数のイディオムや句動詞が載っています。

その中で特に覚える価値があるのは、動詞や形容詞が特定の前置詞と結びついて慣用的な表現をなしているものです。

ここでは形容詞と前置詞の結びつきの基本について具体例を見ていきます。

形容詞によっては複数の前置詞と組み合わさって、多様な意味を表すこともあります。まずはその例から説明します。

ちなみに基本動詞と前置詞の組み合わせについてはこちらの記事をどうぞ。

前置詞の使い分けが重要になる基本形容詞

anxious about と anxious for

She feels anxious about his health.

訳 彼女は彼の健康を心配している。

anxious about は「~を心配している」です

He’s anxious for wealth.

訳 彼は富を切望している。

anxious for は「~を切望している」です。for の追い求めるイメージです

familiar to と familiar with

The singer became extremely familiar to everyone.

訳 その歌手は皆に非常に親しまれるようになった。

familiar to は「~に親しまれている」という意味です

Are you familiar with modern art?

訳 あなたは現代美術に精通していますか?

familiar with は「~に詳しい、~をよく知っている」という意味です

angry about と angry with(at)

What on earth are you angry about?

訳 いったい何に対して怒っているのですか?

about ですので「~に関して」というニュアンスです

She was angry with him for being late. 

訳 彼女は遅刻したことで彼に怒っていた。

angry with でも angry at でも大体同じ意味ですが、at の方が「~をめがけて」というニュアンスがあり、強い感じです。with の後には「人」が来ます。at の後には「人の言動」等が来るようです

true of と true to

That is true of several cases.

訳 それはいくつかのケースに当てはまります。

true of は「~に当てはまる」です

You are always true to yourself, aren’t you?

訳 あなたはいつも自分自身に忠実ですよね。

true to は「~に忠実である」です

基本形容詞と前置詞の組み合わせ

for を使う形容詞

We are ready for dialogue.

訳 私たちは対話の準備ができています。

I’m sorry for not having written sooner.

訳 もっと早く書かなくてごめんなさい。

The mountain is famous for the beautiful colored leaves.

訳 この山は、美しい紅葉で有名です。

You aren’t responsible for what he did.

訳 彼がしたことについて、あなたには責任がありません。

of を使う形容詞

My daughter is afraid of strangers.

訳 娘が知らない人を怖がっています。

Even if it is true, I’m sure of success.          

訳 例えそれが真実であっても、成功を確信している。

of の代わりに about が使われることがあります

They are certain of the truth of his story.              

訳 彼らは彼の話が本当だと確信している。

of の代わりに about が使われることがあります

Are you clearly aware of this issue?

訳 あなたはこの問題を明確に認識していますか?

You have to read a newspaper because you are ignorant of the world.

訳 新聞を読まなければならないのは、あなたが世の中のことを知らないからです。

Those two sections are perfectly independent of each other.

訳 その2つのセクションは完全に独立しています。

What he said is certainly worthy of admiration.

訳 彼の言ったことは確かに賞賛に値します。

from を使う形容詞

His works are totally different from others.

訳 彼の作品は他の作品とはまったく異なります。

to を使う形容詞

This one is slightly similar to that one.

訳 これはあれに少し似ている。

at を使う形容詞

The student looks good at drawing.

訳 この学生は絵を描くのが上手そうですね。

in を使う形容詞

I heard that he was successful in the difficult exam.

訳 彼は難しい試験に成功したと聞いた。

on を使う形容詞

He is still dependent on his parents.

訳 彼はまだ両親に依存しています。

まとめ

形容詞と前置詞の組み合わせは、他にもいろいろあります。

ここに挙げたものは基本的なものばかりですので、読んで意味が分かるようにするだけでなく、書いたり話したりしてアウトプットもできるようにしておいた方が良いです。

その繰り返しによって、前置詞のセンスも必ず磨かれていきます。

さらに勉強したいあなたのために、英熟語がきれいに整理されている使いやすい本を紹介します。イディオムがさまざまな型に分類されており、今回取り上げたような「be +形容詞+前置詞」という型も載っています。似たようなパターンの前置詞をまとめて覚えられて大変効率的に勉強できます。Z会出版の本です。