2021-04

英語の語彙力と作文のコツ

強調語 very の使い方-the very +名詞の意味と一緒に使えない形容詞

程度が強いことを表す very という副詞(形容詞)の使い方を解説します。まず、よく用いられる強調語である very と so の違いを説明します。さらに形容詞の very を取り上げます。最後に very とは一緒に使われない極限形容詞を、いくつかに分類し一覧を示します。強調語は多用しないで必要な部分で使いましょう。
英語の語彙力と作文のコツ

英語の類義語の使い分け12選【動詞編】-単語のイメージの違いをつかむ

英語の動詞の類義語をどう使い分けるかについて解説します。英語の文で動詞は中心的な部分になります。英語は動詞の表現が豊かなため、ニュアンスを正確にとらえて使い分けることが必要な場合があります。ここでは基本的な動詞の類義語を取り上げ、意味の微妙な違いを例文の中で示します。文脈の中で適切な言葉を選択できるようになりましょう。
英語の語彙力と作文のコツ

「人」を表す英語の接尾辞まとめ-語源で英単語を効率的に覚える方法

「人」を表す英語の接尾辞について解説します。まず英単語の成り立ちについて接頭辞・語根・接尾辞という概念を説明します。次に人間を表す接尾辞について多様なタイプを取り上げ、そのニュアンスの違いや、具体的な単語の使われ方を例文の中で見ていきます。語源の知識を活用して、英単語を覚えることや意味を推測することに役立てましょう。
2021.04.17
英会話のための文法と構文

同格の英語表現まとめ-並列・of・that・不定詞で説明をつけ足す方法

英語の同格の表現について解説します。英語には名詞に相当する語句を並べて、補足的に説明したり言い換えたりする表現方法があります。名詞どうしを並置する・代名詞と(代)名詞を並置する・名詞と名詞を of でつなぐ・that 節や whether 節を使う・不定詞を使うなどのバリエーションについて例文を挙げて説明します。
2021.04.16
英会話のための文法と構文

独立不定詞と独立分詞構文の慣用表現まとめ-to tell the truthなど

独立不定詞と独立分詞構文の慣用表現について解説します。独立不定詞とは文中の他の部分から独立して文全体を修飾する不定詞のこと、独立分詞構文とは分詞の意味上の主語が文の主語と一致していない分詞構文のことを言います。これらのうち、慣用的に文頭や文中で使われるものをいくつかのタイプに分類し、例文を挙げながら見ていきます。
2021.04.16
英会話のための文法と構文

不定詞の使い方を徹底解説する!-名詞的・形容詞的・副詞的用法の例文

英語の不定詞の使い方を解説します。不定詞には to が持つ「指し示す」イメージが常にあり、文中の多様な位置に置かれて名詞・形容詞・副詞のような働きをします。特に副詞的用法では、目的・感情の原因・判断の根拠・結果・条件など、いろいろな使われ方があります。また、第三文型をとる特定の動詞に不定詞が結びつくこともあります。
2021.04.16
英語の語彙力と作文のコツ

形容詞と前置詞の組み合わせ24選-anxious about と anxious for の違い?

英語の形容詞と前置詞の組み合わせについて解説します。英語の動詞や形容詞には相性の良い前置詞との慣用的な結びつきがあることが多いです。ここではひとつの形容詞が複数の前置詞と結びつく場合の使い分けをまず述べます。次に特定の形容詞と結びつきやすい前置詞について説明します。例文の中で実際にどう使われているか見ていきましょう。
2021.04.10
英会話のための文法と構文

代名詞 it の構文-形式主語・形式目的語、時間・天候・距離・明暗の表現

代名詞の it を使ったさまざまな構文について解説します。形式主語や形式目的語、時間・天候・距離・明暗の表現、かかる時間や費用の表現、強調構文などについて例文をあげて実際の使われ方を見ていきます。形式主語と強調構文の違いも説明します。よく見られる定型的な表現を多く取り上げているので、口に慣らして使ってみましょう。
2021.04.10
英語の語彙力と作文のコツ

スペルを間違えやすい英単語12組-besideとbesides、staffとstuffなど

スペルを間違えやすい英単語の基本を解説します。英単語の中には綴りが似ていて混同しやすい単語があります。読み間違いや書き間違いを防ぐためにも、正しいスペリングを覚えましょう。基本的な単語の組み合わせを12組厳選して、例文で使い方を示します。2つの単語をつなげて使うか、離して使うかによっても意味が変わることがあります。
2021.04.10